人気ブログランキング |

近藤家のアルバム

oyabunbun.exblog.jp
ブログトップ

タグ:兄弟 ( 107 ) タグの人気記事


2017年 03月 05日

我が家の春



暖かい日ですね~ 056.gif

今日は 二十四節気の啓蟄だでね 春も本番になってきたっぽいね






ブログの更新を さぼっとるうちに ・・・



a0271331_11500659.jpg
2月 13日  愛娘のさらさも 13歳になりました








a0271331_11495488.jpg
長男は でっかい車に買い換えました









次男についての話題がないことが 寂しいっすね







by kingyoya-z2 | 2017-03-05 11:55 | 近藤家 | Comments(0)
2016年 03月 25日

雅樂人の親孝行



インフルエンザでダウンして


歯痛で苦しんで


そして ・・・  今日は 〝腰〟が でれ痛ってーですわ




年は とりたくねーもんだ










近藤家の若者は  ・・・


桃は きのうだか 一昨日だか知らんけど 富士急に行ってきたらしーわ




どこに行っちゃってくれてもいいけど 安全運転を心がけてくれよ








そして 次男と長女は




a0271331_14592575.jpg

朝から 二人で

公共交通機関を使って 安コロで コレ 観てきたらしーですわ








いやいや


なかなか 良いお兄ちゃんやん







直接的なことじゃねーけど

今日の行動は 立派な親孝行だ





野球やめちまって 

ガッカリさせてくれることばっかの雅樂人だけど

こぉいう 良い面も持っとるんだで 

その良い面を どんどん 発揮してほしいもんですわ








さぁ!


シアタースピーカーのため 今日も がんばろ!






by kingyoya-z2 | 2016-03-25 15:15 | 今日の出来事 | Comments(0)
2016年 01月 29日

生涯学習が大事だよ



きのうの夜


メソが おらんもんで 早めに帰宅した





早めって言ったって 夜の 9:30 を過ぎとったけどね





久しぶりに 家族5人が ほんの僅かな時間だけ 顔を揃えた 






なんの話が キッカケだったか 定かじゃないが

この前 オレが 近コロで観た 映画『セッション』


それを 桃 も 雅樂人も観てみたい ・・ って 話が出た




どんなことであっても

興味を持つことは とても良いことだし

是非 観てみてほしい  ・・・   が




が、



たぶん 




オレが感じたほどの 良さを感じることは できんだろーな






そりゃ そーだわ




もし オレが その映画を

今の 桃や雅樂人の年代に観たとしたら

やっぱり 今の年齢のオレと同じように 感動できんかったはずだ






つか この映画に関して言えば

それは 年齢の問題とかじゃなくて

よーするに 人生の経験値の問題だと思う





二人とも(モモウタ)

小学生のころから ソフトボール・野球を オレが指導したもんで

映画の主人公である ニーマンの気持ちは 痛いほど わかるだろう




でも 

狂気とも言える 鬼教師フレッチャーの心情までは 理解できんと思う




その 2つが 自分と重ならない限り

ラストの感動を 100% 享受することは できんと思う






どれだけ 真剣にやっても

どれだけ 必死にがんばっても

朝から晩まで それに賭けてみても

それほどまでに 一生懸命やっても 努力が報われない


ソフトボールの監督をやった 一年目

子供たちの前で こらえきれず 泣いたこともあった






そして 

親子関係が崩壊してしまうんじゃないか? ってくらい

桃や雅樂人の指導に熱を入れた


それこそ フレッチャーの狂気と同じくらいに






そんな経験をしてきたからこそ

ニーマン と フレッチャー  

その2人の 気持ちが 理解できるわけで

だからこそ 最後に あれだけ感動できるわけだ









この前 映画館で観てきた

ブリッジ・オブ・スパイ 



この映画

オレ的には 素晴らしい映画だと思う




おそらく

2016年  

映画としては これ以上のモノには 出会えないと思うくらいだ





しかし


それほど 素晴らしい映画であっても


やっぱり 今の モモウタが観たとしたら


オレの言う 素晴らしさは 理解できんはずだ





いや


この ブリッジ・オブ・スパイに関して言えば


年齢や経験の問題じゃねーんだわ





30代、40代、50代 ・・・ の 人が観たとしても

この映画の 素晴らしさが理解できる人は そんなにおらんと思うよ








ちなみに この映画


今月の 16日

コロナサンクスデー の日に観たもんで 1100円で観たんだけどね








この映画は ほぼ実話です


でも 全部が実話ってわけじゃありません



実話に基づいて 作られとる映画ではあるが

実話と関係ないものも 取り入れられとります




まず 映画の冒頭で

ソ連のスパイ アベルが 自画像を描いとるシーンから入るんだけどね



このシーンは 完璧 実話とは関係ありません

単純に 監督である スピルバーグの意図で 入れたと思われる



スピルバーグは けっこう絵画コレクターです

つか ノーマン・ロックウェルの コレクターです



ノーマン・ロックウェルといえば

a0271331_16354733.jpg
三重自画像  ・・  『みえ』って読むなよ






映画の冒頭は まさに これと同じシーンから 始まるわけ



鏡に写る自分

画に描かれた自分

描いている自分



スパイとして いろんな顔を持つアベルを 

それによって 表現するところなんか

スピルバーグならではの 映画だな~  ・・ って感心させられた





これ 1つ とっても

これを知っとる人と まったく知らない人とでは

映画を観た感想は ぜったい ちがうはずだ





 

映画の中にも出てくるが

この実話があった時代

ちょうど ベルリンの壁が 造られとるときでもあった




ベルリンの壁  ・・  

オレら世代なら その名前を知らんヤツって おらんやん

その壁が崩壊した 歴史的瞬間も テレビの画面を通して 目撃したやん





そもそも なんで 東と西の間に そんな壁ができたや?




その 経緯(いきさつ)を 知っとるのと 知らないのとでは

とうぜん 映画の見方は ちがうだろう





で、映画の中では

そのベルリンの壁を乗り越えようとしたヤツが 銃殺されるシーンがある



それとは 対照的に

アメリカの子供たちが 隣の家に 塀を越えて 遊びに行くシーンも出てくる








この映画


いっけん ものすごく地味な映画だもんで

ふつうの人が観たんでは 

実は 素晴らしいところ満載な映画だ ってことに 気づかない映画でもある










脚本家であるコーエン兄弟

監督のスピルバーグ


この映画の制作に携わった人たちが 

結局 この映画を通して 何を表現したかったのか




オレなりの 思うことを言わせてもらえば







それは 


理念と実利との闘い  ・・  だと思う







それについてを ここで詳しく書けん

だって でれ 長くなるもん


どーしても 興味があったら まず 映画を観ておいでん

で 観てから オレに聞きにおいでん








ただ



どーしても ここだけは紹介しときたい





トム・ハンクスが演じる 主役である ドノヴアンが言ったセリフ



君はドイツ系で 
僕はアイルランド系だけど
なぜ僕らはアメリカ人なんだ?
僕らをアメリカ人たらしめているのは
アメリカの憲法のおかげだろう?
だから僕は それを守るんだ




オレの言う理念は コレのこと






スピルバーグ自身

アメリカ人ではあるが ロシア系ユダヤ移民3世




それを知っとる人 知らん人とでは

やっぱり 映画の見方は ぜんぜん ちがうだろうよ




 

ちなみに

『シンドラーのリスト』 も スピルバーグだよ







だからね


ブリッジ・オブ・スパイの場合は 年齢の問題じゃなくて

ようするに 教養や知識の問題




同じ 1100円出しても 

お値段以上に 堪能したいのであれば

やっぱり お勉強するしかありません





a0271331_17192611.jpg

我が子たちよ



学校の勉強なんて でれ かったりーと思うよな?





オレなんて おまえたち以上に そーやって感じとったよ






でもな



自分自身の人生を豊かにしたいんであれば




やっぱり たくさん学ぶことだぞ






つーことで そろそろ メソ行ってくるで



あばよ



















by kingyoya-z2 | 2016-01-29 17:22 | 映画 | Comments(0)
2015年 12月 10日

桃と雅樂人へのメッセージ



さてさて  ・・・




a0271331_15541659.jpg

こんなに あどけなかった おまえたちも

毎日 ほんの ちょびっとずつではあるが

大人の階段を 一歩一歩 登っとるわけだ



そんな おまえたちに

今日現在の 父親としての心情なんぞを 綴ってみたいと思う








いきなり 縁起の わりぃー話をするけどよ



もしも 


余命 1年 ・・・   と 

ある日 告げられちゃったとしたら

さて おまえたちは いったい どーする?







若いころ さんざん親に迷惑をかけてきたオレだもんでな

たぶん ふつうの人たち以上に 

 『親孝行』 なんてもんを意識して生きてきたんだけどな



いまだに 親孝行をしたぞ! っつー 実感も ねーし

つか

たぶん ・・

たとえ どんなことをしても 

自分自身が満足できる親孝行ができたとは 思えないと 思うんだわな






そもそも 親孝行 って 何だと思う?


どんなことしたら 親孝行になるんだ?






たとえば

金 出して どっか旅行にでも 行かせてやったとするやん 





あー 親孝行できたな~ 
これで もう 親孝行に関しては 達成できたぞ!

そんなふうに思えるのか?









心筋梗塞やったとき

運が悪けりゃ 死んぢゃう可能性もあるわけで

その 死というものを覚悟したとき


ベッドの上で いちばん 最初に思ったことって なんだったと 思う?














しょんべん 出ちゃうんだけど ・・・




すまん  ・・   


でも これ マジな話だ





本題から 逸れちまうけど

ほんと 

でれ 苦しいけど

苦しいときでも もよおしてきちゃうわけで ・・・




9月 23日

まだまだ でれ暑いころやん




暑い頃だもんで


だだっ広い 手術室は 冷房か除湿になっとってさ



で、オレは ベッドの上で

まわりに 若い看護婦さんやら 先生やらが いっぱいおるのに


 生まれたまんまの “すっぽんぽん” やん






でれ さびーだて




ほいだもんで もよおしてきちゃうだて







そしたら 若い看護婦さんが


チンカテ(管) 通してくれて




それが また でれ 痛ってーだて





で 先生に聞いたわけよ



これ 
人生初なんですけど どーやってやるや?



そしたら いつもやっているように やればいいと言われた




が  ・・・




出てこんだて





ちょっと 力みが必要なのかもしれん


でも 上(心臓)は苦しい  下は(アソコ)痛ってー!


そして そこに集まる 今から手術をしてくださる大勢の皆さん



オレの尿待ち!やん


その場におる全員の視線は 

バリカンで剃られて 哀れなほど無防備なオレのアソコに集まっとる






そんな状況で 簡単に 出てくるわけねーやん












でも しぼり出したて!





恥ずかしさを ごまかすために


『じょ~~~~~』 って 言ってやりたかったが



ほんの一瞬 考えただて





もしも  ・・・


もしもだぞ ・・・



手術中に運が悪くて 死んじゃったとするやん



そしたら きっと 執刀した先生とかが

落胆する家族に

『ご主人さんの 最後の言葉は 
  “じょ~~~~” でした
 ものすごく 勇ましい最期でしたよ』






そりゃ いくらなんでも カッコわりーぞ!



成仏できんぞ









これ


おもしろ おかしく書いとるわけじゃなくて


まじ 実話だで








笑い話は ここまでにして  ・・・・





そして 手術が始まったわけだ






とにかく 苦しかったて






そん時  ・・・  





オレ 結局 親孝行できんまんま死ぬのかな?  



そんなことを ぼんやり考えとった









で、




おまえたちのことを考えた




手術中 ずっと そればっか考えとった








人間 ってな



みんなが みんな 同じじゃねーかもしれんけど



死に臨んだとき ってさ



あれ やっときゃ よかったな~  ・・ みたいな

自分の欲 って 考えんと思うんだわ








もしも  ・・・

あの手術のとき

もう助からない ・・ と 先生が判断して


最後に
ご家族に
何か伝えたいことありますか?
 









いや 聞かれたわけじゃねーんだけどな


手術中 ずっと思っとったことは




おまえたちは 精一杯 生きてくれ!











んで 無事に手術が終わって

病室まで ベッドで運ばれてったんだけど



そのベッドの上で

運良く 拾った この命
これからは
自分のためじゃなく 
家族のために 生きていこう!
 って 涙を流しながら誓ったぞ








オレなりの答なんだけどな





親孝行 ってさ


精一杯 生きること なんじゃねーのかな?







一分一秒たりとも ムダにせず 

毎日を がんばって がんばって 精一杯 生きること




それこそが 親が望んどることなんじゃねーのかな?





  ・・  


  ・・






それは オレが出した答であって


世の中のすべての人に 当てはまるなんて思わんけどな





少なくとも

オレが おまえたちに望んどることは それだ









で、


話を 最初んところに戻すけどよ






余命一ヶ月と宣告されたとしたら


おまえたちは どーする?









オレはな  ・・・





自伝を書こうと思っとる










つか おまえたちも もっと本を読め!






昨年末までに 世界遺産に登録されとる数は

たしか  ・・  全部で 1000件ちょい だったと思う



世界中のご先祖さんたちが 残してくれた財産だ





でもな


オレが思うに




ご先祖さんたちが残してくれた 一番の財産は 

“書 物” だ!  と 断言する





だで オレは

おまえたちには 金は遺してやらんぞ




オレの自伝を遺してやる









もう そろそろかな  ・・  と 感じたら

それを 書き始めようと思っとる







きっと 全100巻!



そのために 

オレは 毎日毎日 他の人の何倍も 濃い時間を過ごしとる



だから オレの人生は そんだけ たくさん書くことができる





それを書いとるとき

きっと オレの両親は もう生きてねーだら


でも 両親が生きとらんとしても

それが オレのできる 精一杯の親孝行だと思っとる







おまえらの自伝は どんだけ書くことがある?




勘違いすんなよ



おもしろ 楽しく 生きる って意味じゃねーでな






○月 ×日
今日は友達と遊びました
楽しかったです

こんなもん 自伝に書くことじゃねーぞ







徳川家康 遺訓

人の一生は重荷を負うて
遠き道を行くがごとし。
急ぐべからず。

不自由を常と思えば不足なし。
こころに望みおこらば困窮したる時を思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、
いかりは敵と思え。
勝つ事ばかり知りて、
負くること知らざれば害その身にいたる。
おのれを責めて人をせむるな。
及ばざるは過ぎたるよりまされり
(実は家康が書いたわけじゃないという説が有力)








苦労したことの方が 実は 楽しいことよりも素晴らしい


つか 苦労を知るから 楽しいがあるわけだ




楽しい・楽しい・楽しい・楽しい・・・

そんなヤツは シャブ中だ!







自分を磨いてくれ!


それが おまえたちに望む 親孝行だ







つか ウタ

オレの自伝 ゴミの日に出すなよ!






by kingyoya-z2 | 2015-12-10 17:30 | ひとりごと | Comments(0)
2015年 10月 07日

思い出の写真 part 55



a0271331_16570819.jpg

このカッコで Birthday cake

たぶん 雅樂人の誕生日だったんだろな





いつまでも 兄弟仲良くやってくれよ


それが 父母の願いだ


たった それだけで じゅうぶんな親孝行だ






by kingyoya-z2 | 2015-10-07 17:00 | 思い出の写真 | Comments(1)
2015年 06月 15日

思い出の写真 part 54




a0271331_15115006.jpg

桃が保育園を卒園する頃

雅樂人は年少  



さらさは まだ 0歳





人間は成長するにしたがい


体だけでなく 自我も形成されていく



その自我形成は 思春期で確率されると言われとる




たとえ親子であっても


そこには 自我境界線というものが必要だと思う





親子といえども その境界線を超えて干渉しすぎては いけない





しかし 自我が育っていけばいくほど


この写真に写っている素直な心は 少しずつ 失われていってしまう




他者をよせつけない 過剰なまでの境界線は 


自分の成長を 妨げる最大のものでもある





3人ともが この写真のような 素直な心でいてくれますように  ・・・






by kingyoya-z2 | 2015-06-15 15:28 | 思い出の写真 | Comments(0)
2015年 06月 11日

思い出の写真 part 51 デジタル化



ちょうど オレが結婚したころ


デジタルカメラというものが 世の中に出始めた





新婚旅行に行くために カメラを買おうと


デジタルカメラも その候補に挙げたけど


その頃のデジタルカメラは まだ 画素数とかでも 30万画素程度のモノで 


今とは比較にならんくらい お粗末なものだった




結局 APSフィルムのカメラを買った





その当時 撮った 数々の思い出


a0271331_20171800.jpg

40本分の フィルムを デジタル化しました





デジタル化したけど 決して 画質は良くない




でも そんなものは どーだっていい!



a0271331_20415695.jpg



しばらくは そんな思い出の写真を載せていこうと思います






by kingyoya-z2 | 2015-06-11 20:43 | 思い出の写真 | Comments(0)
2015年 05月 26日

兄弟ツーショット


モモウタ以外の 碧南高校野球部の写真は コチラのブログ

画像サイズは小さいけど 勝手に拾ってくれていいで!







真夏のような暑さです


明日も明後日も こんな日が続くらしいよ








夜の 9:00を過ぎてから 帰宅する 長男と次男


そして 朝は朝で 5:00 くらいには 家を出ていく



a0271331_16234661.jpg

兄弟 並んだ写真は 珍しい



つか  長男は北の人   次男は立ったまま寝とやがる







たいへんだけど がんばれよ






by kingyoya-z2 | 2015-05-26 16:29 | 近藤家 | Comments(0)
2015年 05月 03日

二人の孝行息子



とても 田舎な 我が町 一色町ですが


毎年 ゴールデンウィークは 大渋滞になり その分 賑やかに感じる



大渋滞の原因は ・・・   潮干狩り! 




それで 潤う人もおると思うが


オレのように まったく関係ないヤツにとっては スーパー迷惑 以外の何者でもない







さてさて


近藤家の長男・次男は 


高校の野球部の遠征で 今日は三重県桑名市へ



もちろん オレも撮影に行く





今日は V-MAX で 喝っ翔んでったんだけど


出発が 早朝だったこともあって 渋滞もナシで 走りやすかった


走りやすいもんで ついつい スピードを出してしまう


大きな声じゃ言えんが 23号線で 180km/h


 

つか 早朝は まだまだ寒かった!







桃たち Aチームは 桑名西高校


そこから バイクで 約10分くらいのところにある


桑名工業高校で 雅樂人たち Bチームは 試合をやった






まず 桃の試合の方に行った




行ったことがないグランドの場合 撮影機材に迷う


つか 今回は バイクで行くもんで 大袈裟な機材は持っていけん


だで いつもの 標準装備 1D MarkⅣ + EF400㎜ F5.6L USM にした





桑名西高校のグランドは ちょっとした山に 面したところにあり


レフト側の山から 撮影した




a0271331_16360841.jpg

1D MarkⅣ の 400㎜でも これが限界






a0271331_17091665.jpg

一試合目は けっこう いい感じで打てとった









そして 雅樂人たち Bチームがやっとる 桑名工業高校へ移動




a0271331_18143046.jpg

よせばいいのに  ・・・   またまた  ・・・



デッドボール 2コ 出しちゃったんだけど


一人の子なんて 背中に当たっちまってさ


オレが撮影しとるところまで ボコッッッ! って 聞こえてきたし







a0271331_18144652.jpg

打つ方では 2打数 1安打







親バカ発言ですが


二人とも たいへん よくがんばりました





そんな姿を撮影させてくれるだけで じゅうぶん 親孝行だと思う






明日は滋賀県!



近藤家も夜中から出発です






by kingyoya-z2 | 2015-05-03 18:21 | 今日の出来事 | Comments(0)
2015年 05月 02日

サプライズ




ゴールデンウィークだというのに


今日も明日も明後日も そして その次も


ぜ~んぶ 練習試合の予定が入っとる 碧南高校野球部





野球部のために 家庭を犠牲にしてでも がんばってくれる高校の先生方


ありがたいことだ




このあたりが 中学の先生と ぜんぜん ちがうところだよな  ・・・










今日 雅樂人は 午前中のB戦で 3打数 2安打だったらしい




が ・・・



オレは 午前中 さらさとデートしとったもんで 


残念ながら 見ることは できんかった





午後から 桃たちの A戦を見に行った




ちなみに 中学時代の桃は サードをやっとったが


高校でのポジションは センター





ピッチャーが投球練習をやっとる間


センターの桃は ライトやレフトの選手と キャッチボールをやる





今日は レフトのヤツと キャッチボールをやっとった




a0271331_18071304.jpg







その レフトの相手とは  ・・・・












なんとなんと

a0271331_18071853.jpg

雅樂人だった






たとえ 練習試合といえど


中学時代でさえ 同じ試合で 一緒にプレーをしたことはない






3回あたりで 雅樂人は 下がったが それでも 嬉しいサプライズだったよ







明日から 二泊三日で遠征



とりあえず 明日は V-MAX で 喝っ翔んできますわ






by kingyoya-z2 | 2015-05-02 18:32 | 今日の出来事 | Comments(0)