人気ブログランキング |

近藤家のアルバム

oyabunbun.exblog.jp
ブログトップ

2012年 05月 16日 ( 4 )


2012年 05月 16日

思い出の写真 PART 10

a0271331_7292112.jpg

(桃6年 きらら杯  α200 SAL70300  智さん撮影)


5年生から始めたソフトボール

子供会ヨンキースでの最後の打席は ファイナルカップ決勝戦 センターフライだった

クラブチーム最後の打席は この きらら杯 三振だった


他の子よりも 遅くから始めたが

たくさんの ヒットやホームランを見させてもらった

理想を言えば 最後も それを見たかったが 

心の奥底では 始めたころと同じ フルスイングの三振を見たかったのかもしれん


残念ながら 最後の三振のシーンは撮れんかったが

今でも その姿は 脳裏に焼き付いとる 、、、  永久保存していこう 、、、、

by kingyoya-z2 | 2012-05-16 19:38 | 思い出の写真 | Comments(0)
2012年 05月 16日

レンズ迷路

a0271331_18145888.jpg

(雅樂人 小学校卒業式 α55 DT 18-70mm F3.5-5.6 SAL1870 絞り優先 ISO400 F8.0 1/640秒)



前にも書いたが 標準域と呼ばれるレンズは DT 18-70mm F3.5-5.6 SAL1870 しか 持ってない

このレンズ 価格ドットコムでの レビュー評価は 今日も 3.80


そんなに悪いか?

上の写真 ・・ ・・  そんなに悪いかえ?



他のレンズ って もっと良いのか?

それを確かめたくて ソニーマウントの標準域レンズを 1本 買ってみようと思ったんだが 、、、、



最初は タムロン 17-50 F2.8 を 考えた

だけど 風景とか撮らんオレに 広角域は必要ねぇだら


つーことで 今度は タムロン 28-75 F2.8 を 考えた

この中で 主に使うのは 50-75 だと思う

しかし 50㎜は 単焦点を持っとるし 70前後は 75300Gの出番だし  、、

たしかに 野球で集合写真を撮るには 28が あってもいい

しかし それなら 評判の良い 35㎜の 単焦点を買った方が 安くすむ  、、



価格ドットコムでレンズを見とるうちに

いつしか キャノンマウントを 見ちゃっとる  、、


なんだか 迷路を さまよっとる感じだな



この煮え切らん自分に腹が立ってきた

出した答えは 、、、  オレにとっての標準域のレンズは 50㎜単焦点!

必要な時があれば 今 使っとる DT 18-70mm F3.5-5.6 SAL1870 を信じる



今は ヨンニッパ貯金!

ようやく 迷路の先に うっすらと明かりらしきものが見えた

見えたが 、、、 すげぇ先だ 、、  まだまだ道のりは遠いぞ

by kingyoya-z2 | 2012-05-16 18:33 | ひとりごと | Comments(0)
2012年 05月 16日

最近の雅樂人 PART 3

a0271331_17382331.jpg

(α55 DT 50mm F1.8 SAM SAL50F18  絞り優先 F3.2 1/2000秒)

最近は言わんでも 学校から帰ってくると 自分なりに練習をやるようになった

家から中学校までの往復ランニングは 毎日やっとる

あとは その日によって 素振り ピッチング練習の どちらかをやっとるらしい



それをやったから 成果が出るか 、、  っていうと そんなもん わからん

ただ 、、 やり続けることが 大事だと思う

やりたくねぇ時もあると思う 、、 つか こんな地味な練習 やりたくねぇと思うぞ

だけど そのイヤだと思っとる自分に 毎日 勝ち続けることこそが 精神力の強さになっていくと思う





野球の知識を どれだけ学んでも  野球の技術を どれだけ身につけても

バッターボックスとかで プレッシャーに潰されて 持っとる実力さえ出し切れない選手は いくらでもいる

プレッシャーに勝てる自分 、、、 だからこそ 毎日 自分に勝ち続けていくことが 大事だと思う



つか 中学では ピッチャー、キャッチャー、ファーストの どれかをやってくれよ

せっかく ヨンニッパを買っても (いずれ買う予定)  外野だと届かんぞ

by kingyoya-z2 | 2012-05-16 17:56 | 雅樂人 | Comments(0)
2012年 05月 16日

親バカ バカ親

a0271331_14134174.jpg

(α55 DT 50mm F1.8 SAM SAL50F18  絞り優先 F1.8)

これは 昨年の盆休みに行われた

碧南市町旗ナントカントカ・・ 大会で 雅樂人が打った ホームランボール


小学生のホームラン って ランニングホームラン が 多いが

この時のは 打った瞬間 スタンドイン と わかるほど 超特大ホームランだった


レフトスタンドから見とったオレは そのホームランに涙した



オレは 親バカである

それも “超” が つくほど 親バカだ


息子の鬼コーチであり 応援団長でもあり 後援会長でもある


桃にしても 雅樂人にしても 

野球センス というものは ほとんど無いと思う


センスが無い分は 努力でカバーしてきた

その努力は 知っとる人は 知っとるが 簡単に説明できる程度の努力じゃねぇよ


それだけの努力があるから 人の何倍も嬉しかったり 悔しかったりするわけよ

だから 堂々と自信満々に言ってやるが オレは 親バカだ



ソフトボールや野球を通じて 色んな人と出会った

本人は 気づいとらんようだが あんたも親バカだぞ  っていう人は 結構おるもんだ

だけど そういう親バカは ぜんぜん嫌いじゃねぇし

そういう人とは 今も 良い おつきあいを させていただいとる


それと これも 本人は 気づいとらんようだが バカ親も すげぇ多い

もちろん そういうヤツとは 一瞬のつきあいだけで 顔を見るのも話をするのもイヤだ


反面教師という言葉があるが オレ自身 バカ親にならんよう 日々精進!

by kingyoya-z2 | 2012-05-16 14:37 | ひとりごと | Comments(0)