近藤家のアルバム

oyabunbun.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 19日

寒いです ・・・



暖冬と言われとった 今シーズンの冬ですが

よーやく 本格的な寒さが到来したみたいだね




きのうは 東京だけじゃなく

名古屋や三重でも 夜 遅くに 初雪が降ったらしーよ




我が町 一色町は

海風の影響で 雪こそ なかなか降らんけど

その分 風が ゴォゴォーですわ


もぉ 嵐のように ゴォゴォー 吹きます







この時期

どーしても ブログに書く内容も メソのことばかりになってしまう




だって しょーがねーやん


毎日 他の やりたいことを削って メソばっか やっとるんだで







メソ ってね


いつでも 漁れるのかっつーと そんな単純なもんじゃない





ご存知のとおり

海には 満潮 干潮 ってのがあるやん


満潮になるときは 上げ潮 

そして 干潮にむかって 下げ潮 




釣りでも 同じことが言えるけど

メソの場合 それが もっと 顕著に出るんだけど

下げ潮のときは じぇんじぇん 漁れません



いや、、 まったく漁れん っつーわけでもねーけど

上げ潮と比べるなら まったく漁れません






で、

上げ下げの大きさがあって

大潮、中潮、小潮、長潮、若潮 ・・ 中潮、大潮 ・・・ 


そんな感じの周期がある





大潮が いちばん 潮が大きく動く

干満の差が激しい ってこと


よく 護岸を越えてしまいそーなほど 海面が上がってきたり

はるか沖の方まで 潮が干いていったり

それは だいたい 大潮で

字のとおり 大→中→小→ ・・ の順で 干満の差がある




当然 潮が大きく動くときの方が メソは たくさん漁れる







あと


これ 大きな要因なんだけどね





今日は 風もなくて 暖かい日だね~ ♪

そんな日は メソやっとっても けっこう 楽なんだけどね

そんな日こそ メソは 出てきてくれましぇん





逆に 風がビュービュー吹いて

でれ さび~て! って日こそ けっこう漁れます




まさに 昨日みたいな日のことだて!







だいたい 今の時期だと

メソを始めるのは pm 6:00頃


きのうは pm 7:00頃が干潮だもんで

pm 6:00だと 下げ潮ってこと


そんな時間にやっても たいした成果は出せない



それが わかっとっても 

前にも書いたように 場所取りのために 行かにゃあかんだて





で、


いったん 家に帰る




そして 寝る











 


約 2時間くらい仮眠して

pm 9:00頃  再び現場に戻る




息ができんほど 猛烈な風が吹いとって 

海面は ダバンダバン 状態



まるで 嵐のような海ですわ








ふだん メソは 



まるで 近藤家の雅樂人のように 

時間を気にすることなく

ゆっく~り のんび~り と 泳いでます








きのうみたいに 海が荒れとるとね


もぉ 徒競走ですわ




はえ~ はえ~   突っ走っとるだて





そのメソを漁るための 網っつーのが

この前も 書いたように 

もともとは カーボン素材の釣り座を改良したもの




釣りにとっては 適度な しなりは利点でもあるんだけど


暴風が吹き荒れる中で メソを漁るためには

その しなりは マイナスでしかない








で 結局 きのう メソを終了したのは

開始から 5時間後の am 2:30 頃





そぉです!



皆様方が 暖かい布団で ぬくぬくと夢を見とる時間帯







極寒の中 ブルブル震えながら メソをがんばってました









それは きのう 一日だけの話じゃなく

4月末まで ずーーーっっと 続きます










とりあえず 目標を決めるわけ



今日は ○○○匹! ってね




これも 山登りと同じでね


ほんと 一歩ずつなんですわ




寒くて つらくても 一歩ずつ がんばれば 達成できます




もちろん 忍耐だけでやれるわけじゃない



目的を達成するために 

あれこれ 研究して 勉強して 計画を立てる



それも 山登りと同じなんだけどね







今日から明日にかけて

平野でも 雪が降るかも? って 天気予報は言っとります




そんな日でも 鬼のような形相になって がんばってます




たまには 見にきてくれ!





[PR]

by kingyoya-z2 | 2016-01-19 15:16 | ひとりごと | Comments(0)


<< 成り上がり      2015~2016 九州帰省編... >>